热博体育官网_线上游戏平台~

图片

東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

折田清隆氏(博士前期課程 海洋資源環境学専攻2年)が第17回地盤工学会関東支部発表会で優秀発表者賞を受賞しました

Last Update : 2021-01-08 17:00

11月27日に開催された第17回地盤工学会関東支部発表会において、折田清隆氏(博士前期課程 海洋資源環境学専攻2年)が優秀発表者賞を受賞しました。

受賞者

折田清隆 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科 博士前期課程 海洋資源環境学専攻2年

受賞タイトル

優秀発表者賞

受賞概要

公益社団法人地盤工学会の主催により開催された地盤工学会発表会において、優れた講演と討議を行った者に授与される賞。

受賞研究のタイトル等

揚鉱に用いるキャリア物質(粒状体を含む粘性流動体)で満たした鉛直管中で行う球の沈降実験における沈降開始位置の影響
(著者:折田清隆(東京海洋大学)、谷 和夫(東京海洋大学)、鈴木亮彦((株)不動テトラ)、古庄哲士((株)不動テトラ))

受賞研究の内容 

 海底地盤から海面まで鉱物資源を効率的に輸送(揚鉱)する技術をテーマとして行っている(株)不動テトラとの共同研究の一部です。揚鉱管(ライザーパイプ)の中における鉱石の挙動(沈降する現象)を実験的に検討しました。

左から谷和夫教授(東京海洋大学)、折田清隆氏(東京海洋大学)、
古庄哲士氏((株)不動テトラ)

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP